現代風に手を加えた古民家住宅の魅力

懐かしいけど新鮮さを感じる古民家のリノベーションで和モダンを創造しよう

古民家の定義と魅力について

古民家の長所や利点を考える

古民家は、地域の気候環境などによって建築の様式に違いがありますが、共通点は地元で育った木材を組み合わせて使っていることす。
主に使用される建材は、強度を活かす松や木目の美しさを表現する杉、のほか、欅、檜などがあり、用途や使用場所に応じて使い分けるのが日本家屋の特長です。
また、適切なメンテナンスが必要ですが、建材は古くなるにつれて、強度が増す構法が取り入れられており、特に建築材の太い柱や梁は、安定感と高い天井構造を可能にし、美しいフォルムを作り出します。これは、現代の住宅には見られない特徴です。
古民家の長所を纏めますと、我々に郷愁と安心感を与えてくれること、優れた材料、材質を使い、伝統的工法で丈夫で長持ち、天井が高く夏の暑さにも適応していること、国の政策で税金が低く抑えられ取得しやすくなっていることなどが上げられます。

古いが故の短所

古民家には、多くの長所がありますが、失敗しない古民家選びのため、短所にも触れておきます。
当然古い建物でから、経年劣化をみなくてはいけません。
第一は、柱、梁の構造上の傾斜と基礎の歪みです。土地そのものが傾いているときもありますので傾斜や歪みの原因に注意が必要です。
次に屋根の腐朽劣化を見ておきましょう。雨漏りなどは、建物に致命的なダメージを与えます。シロアリ被害も確認しましょう。
そのほかに、実際に住居とするときの建築基準法や耐震構造への対応、断熱性の取り入れ、解体時の廃材処分の問題など、費用負担が増える要因があります。実際に工事に入った後で必要経費が発生するなど、費用面での不安があるのも事実です。
また、古い木造建築ゆえに保険が高くなりますし、セキュリティにも気を付けなくてはいけません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る