現代風に手を加えた古民家住宅の魅力

懐かしいけど新鮮さを感じる古民家のリノベーションで和モダンを創造しよう

古民家の活かすべき構造

古民家の活用方法

古民家再生は、家のコンディションや家主の希望、コストなどを検討しておおよそ4つの方法に分けられます。
現地再生は建っている場所でそのまま再生する方法です。建物の劣化部分の修復を主に行い、再生後の間取りによっても基本的な構造をさわりません。したがって、仕口などの加工が不要で工事の期間もコストも抑えることができます。
移築再生は、民家を解体し別の住みたい場所に移動して再生する方法です。この場合、敷地の条件によっては増築したり減築したりする必要も発生します。また、建築基準法を順守するため、新しい技術を取り入れますが、ライフスタイルに合わせた間取りや設備などの設計を行う事ができます。
部分再生は、敷地の条件に従い、部屋単位で移築再生する事を言います。
古材利用は解体された建物の梁や柱などを別の建物の部材として使用することです。

強度とライフスタイルに合わせた構造

古民家が建てられた時と現在と耐震性に対する考え方に大きな違いがあります。
まず、耐震診断を受け、柱や梁などに耐震補強を設けます。足らなければ、耐力壁を使用したり、場合によっては、屋根を軽くしたりといった工事をして地震に備えましょう。
次に、古民家は現代の建物に比べると耐熱性に劣ります。夏は風通りがよく、涼しいですが、冬は隙間風で熱を逃がしてしまいます。寒さ対策として、隙間風の対策と断熱対策を施す必要があります。
また、トイレやお風呂、台所は今のライフスタイルに合いません。水廻りのリフォームは最低限必要です。
最後に、床、壁回り屋根の修復です。畳の張り替えやフローリング化、傷んだ外壁の修復、屋根の葺き替えなどを行います。建物に合わせて作り直す場合が多く、費用がかさむところです。古くなった建材も味もあるので、使えるものは積極的に活用しましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る